今日は、AUBETTを紹介させて下さい。

 

Tシャツとポロシャツです。

 

生地は、東京の小野莫大小さんでつくったAUBETTのオリジナル。

 

小野莫大小(おのめりやす)さんは、このブログでも何度も書いたことがある。

 

コットンベースのジャージー系の編み地だと日本一じゃないかと思うクオリティ。

 

そこでAUBETTがつくるものだから、この夏場に向けてはとても期待してもらって良いですよ。

 

 

そのTシャツとポロシャツ。

 

 

 

 

 

 

生地は、先述の通り、コットン100%です。

 

通常、Tシャツであれば”天竺編み”。

 

ポロシャツであれば、”カノコ編み”。

 

その二つは、それぞれ、Tシャツとポロシャツをイメージした時に、誰もが思い浮かべる生地のイメージがあると思いますが、それが大体フツーです。

 

でも、今回のは、”天竺編み”でも、”カノコ編み”でもないの。

 

 

 

“両面編み(スムース編み)”

 

 

 

というものです。

 

まず、天竺編みは、誰もがイメージできるように、通常はTシャツに使われるような編み地組織です。

 

表から見ると、生地組織は縦方向に走り、裏から見ると、生地の組織は、横方向に走る。

 

例えば、Tシャツの生地をカットオフするとカーリングという、生地端がクルクル丸まってしまう現象が起こると思いますが、それは経糸と緯糸を編む時に、引っ張られる力が生まれるので、断ち切りにするとその作用により、カーリングが起こります。

 

 

で、カノコ編みは、誰もがイメージできるようにフツーは、ポロシャツに使われる、凹凸のある生地ですね。

 

あれは、とてもカジュアルな組織だと思うから、僕はあんまり得意じゃない。

 

まあ、この数日で店頭に並べたもので、The CLASIKのポロシャツがあるんですが、それはそのカノコ組織でありながら、それをいかに美しいマテリアルに引き上げることができるか。ってトライしたものだから、それはバツグンなのよ。光沢もすごいし。

 

 

で、今回のAUBETTのは、全然違うの。

 

 

さっきも言ったけど、”両面編み(スムース編み)”。

 

 

というもの。

 

 

当店にお越し頂いたことがある方は、なんとなくご理解頂けるかもしれないんですが、The Inoue BrothersのTシャツや、OLDE HOMESTEADERの長袖のカットソーも、この両面編みの組織ですね。

 

この二つは、目を詰めて、かなり工夫してつくってるから、その心配はないんだけど、通常は、両面編みの組織は、大きなデメリットが存在するの。

 

それは、

 

“ヨレてしまいやすい”こと。

 

こういう弱点が存在する。

 

ただ、The Inoue Brothersの両面編みのTシャツは、コットンのポテンシャルが超野生的だから、キックバックがハンパない。

これは、アマゾンのタマモノ。

 

そして、OLDE HOMESTEADERのカットソーは、福原さんが長年かけて研究に研究を重ねた、番手、編み地の目の詰まりで、見事にそれを解消してる。

 

 

だから、この二つは、世の中で見てもかなり特例だったの。

 

 

両面編みなのに、とてもタフということ。

 

 

でも、両面編みの大きな恩恵っていうのは、しっかりとあって、着ると体にすごく寄り添うような馴染みが出るの。

 

これは、天竺編みとは比べ物にならないレベル。

 

全然次元が違うと僕は思ってる。

 

 

そして、そして、今回のAUBETT。

 

 

先述の2つのブランドのように、両面編みでありながら、着続けてもダレてしまわない、超タフな生地をつくりました。

 

 

まあ、これからの時期は、こういうものはその特性上、肌で一枚で着て、一回着たら、洗濯機に投入するワケじゃないですか。

 

だから、すぐにヨレヨレになっちゃうものは、NG。

 

よほど、そういうクズれたミュージシャンのようなスタイルを狙わない限りは。

 

 

それが、さっきの写真。

 

 

 

 

 

 

これ。

この写真は、表側からの生地の写真ですが、両面編みということで、裏側も同じ組織をしています。

 

先述の通り、両面編みだから、貴方の上半身への寄り添う馴染みは、ハンパないの。

 

そして、タフ。

 

この生地がタフな理由は、AUBETTの杉原さんがめっちゃ狙ってる。

 

 

“双糸引き揃え”

 

 

そう。

 

本来は、1本の糸(単糸)で編まれるところ、4本の糸を使って編んでるのだ。

 

しかも、その双糸がレベル高い。

 

 

ここから、少し紛らわしいけど、よく読んだら分かる。かも。

 

 

まず、繊維の段階から”Z撚り(左撚り)”で紡績をする。

 

つまり、左回りでねじる。

 

それが単糸。

 

一本の糸となる。

 

30番手単糸だそう。

 

そのZ撚りの単糸を、S撚り(右撚り)で双糸(2本)の糸にする。

 

それも、杉原さんが言うには、スーパー強撚だそうだ。

 

そして、”SZ撚り”の強撚30番手双糸が出来上がる。

 

これで、一方が出来上がる。

 

 

そして、引き揃えとなる、もう一方。

 

こちらも同様に、Z撚り(左撚り)で綿繊維が紡績される。

 

そうして、Z撚り30番手単糸+Z撚り30番手単糸を

 

“Z撚り”で、強撚で2本の糸を1本に。

 

つまり、ZZ強撚30番手双糸が出来上がる。

 

 

で、

 

SZ強撚双糸

ZZ強撚双糸

 

 

一緒に並べて、一本の糸と同じような感覚で編み上げる。

 

一般的なTシャツ生地は、大体”60番手”、”単糸”の糸を”天竺編み”されることが普通だから、もうこの時点で強度は、何倍にもなってる。

 

 

それを両面編み。

 

 

両面編みのTシャツは、その組織の構造上、天竺編みよりも、生地の膨らみが出ることが特徴です。

 

に加えて柔らかい。

 

それに、SとZで反対の両方が支え合うから、Tシャツによくありがちな”斜行”してしまうことがない。

 

 

生地の膨らみがあり、柔らかく、体への馴染みがとてもある。

 

 

通常は、ダレて伸びてしまいやすいけど、”強撚双糸”の”引き揃え”。

 

そのタフさは、

 

 

 

皆様の想像を絶するレベル。

 

 

 

僕は、双糸引き揃えのTシャツって見たことがなかったから、昨年の夏にOLDE HOMESTEADERの福原さんにお願いして、双糸引き揃えTシャツをつくってもらったくらい。

 

それは、エゲツないレベルでタフだったけど、すんごい厚みだった。笑

 

 

あれはあれで、かなりのシロモノだったと思うし、現状では、当店で取り扱いをしているToogoodのTHE SHEARER TSHIRTも双糸引き揃えですね。

 

だから、それもすんごい厚みなの。

 

 

ただね、AUBETTの杉原さん。

 

 

分厚くて、夏に着れないようなものはつくらないの。

 

 

AUBETTの全ての洋服に共通する、

 

 

“立体裁断”

 

 

を日本の四季で快適に体感できるようにしてる。

 

 

 

 

 

 

 

だから、とても涼しいの。

 

超強撚ならではの、肌にベタつかないタッチと、立体裁断による、洋服そのものがとても自立した設計。

 

風もすごく通るし、かなりタフ。

 

これ、みんな夏場に満足してもらえるんじゃないかな。

 

 

そういうTシャツとポロシャツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

AUBETT

ハイツイストSZガーゼスムーススタンダードTシャツ

material _ COTTON 100%(SZ強撚双糸引き揃え)

color _ CREAM

size _ 3,4,5

price _ ¥13,200-(税込)

 

 

 

 

 

AUBETT

ハイツイストSZガーゼスムーススタンダードTシャツ

material _ COTTON 100%(SZ強撚双糸引き揃え)

color _ CACAO BROWN

size _ 3,4,5

price _ ¥13,200-(税込)

 

これ。

CREAMとCACAO BROWNの二色。

色は、好きな方を選んで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地も首もヨレにくく、伸びてしまいづらい。

 

そして、この流れる生地の落ち。

 

これは、両面編みのみが出せるもの。

 

縫製で言うと、きちんとしたTシャツというところで、適した縫製をしてる。

 

特段、ヤバい縫製ではないから、今日はそれは省く。

 

でも、全然ダメじゃないから、安心して。

 

ちゃんとしてるのよ。充分に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見て分かると思うけど、これは、CACAO BROWNだ。

 

 

 

 

 

まあ、生地は、かなり凝ってるし、立体裁断で、かなり自立したTシャツなのは、体感してもらえると思う。

着た感じ、フツーのTシャツとは全然違うのを、全員中全員が瞬時に察知してもらえます。

 

生地と立体裁断の妙技により、見た目はシンプルにTシャツしてる。

 

 

 

 

 

 

 

AUBETT

ハイツイストSZガーゼスムースポロシャツ

material _ COTTON 100%(SZ強撚双糸引き揃え)

color _ CREAM

size _ 4,5

price _ ¥23,100-(税込)

 

こちらは、ご覧の通り、ポロシャツ。

 

 

 

 

 

 

AUBETT

ハイツイストSZガーゼスムースポロシャツ

material _ COTTON 100%(SZ強撚双糸引き揃え)

color _ CACAO BROWN

size _ 4,5

price _ ¥23,100-(税込)

 

こっちは、Tシャツよりも衿とゆるめの袖リブがある分、少しディテールが複雑になってます。

あと、水牛ボタンが付く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポロシャツはね、Tシャツを着る感覚で着られるけど、Tシャツよりも衿が付いてるから、時には良いんじゃないかな。

 

ポロシャツで、立体裁断は聞いたことがないですからね。

 

かなりレベル高いですよ。これ。

 

 

そうそう。

 

大事なことなんですが、この生地のTシャツとポロシャツは、共に、サイズが大きめにつくられています。

 

洗濯をすると3cmか4cmくらいの着丈の縮み、横方向だと大体1.5cmくらいの縮みが出ます。

 

この編み地をつくるのがとても特殊だったみたいで、だから、洗濯すると縮むようになったみたいです。

 

ただ、その分の縮みは見越した寸法設計になってます。

 

Tシャツは、

3でSサイズ相当、

4でMサイズ相当、

5でLサイズ相当です。

僕は、身長167cmだから、3でゆとりがあります。

縮んでもゆるさはある。

でも、Tシャツだから、ピタッとせずに着る方が良いでしょ。

 

ポロシャツについては、

より少し大きめで着てもらえると良いかなと思ったので、

4と5のみの展開です。

 

でも、生地の落ち感がすごくあるし、縮みは必ず出るから、洗うと悪くない寸法になりますよ。

 

大体、ワンサイズ分くらいの縮みが出ると思って下さい。

 

それに伴い、CREAMの透け感もかなり軽減されます。

 

写真では、編み地の隙間による透けがあるけど、これは気にならなくなると思いますよ。

 

 

両面編みで、体馴染みもレベル高いし、タフだし、風も抜け抜けに通り抜ける。

 

 

夏場には使ってもらえると思いますよ。

 

 

 

見てみて下さい。