この春夏も予定よりは少し遅れてしまったけど、今日からThe Inoue Brothersのワイルドコットンシリーズをスタートしています。

 

昨年の春夏シーズン同様にTシャツとタンクトップの2種類の取り扱いです。

 

そもそもアルパカ製品のイメージが強い方がほとんどだと思いますが、近年コットンのものにも着手をしているThe Inoue Brothers。

 

その理由としては、アルパカと同じように社会問題を解決に導くため。

 

洋服に限らず、身の周りのたくさんのもので目にする”コットン”。

 

こういうレベルの洋服では少なくはなってきたとは言え、まだまだ蔓延しているのが”コットン栽培”をめぐる問題。

 

最近では新疆ウイグル自治区での強制労働の問題も取り上げられていたりしましたが、そういう状況だって未だにあるんだろうし、第一次産業に於ける課題というのはたくさん存在するんだと思う。

 

そこにはいろんな意見があると思いますが、The Inoue Brothersがこのコットン製品を世に展開するにあたっては、何十年も前から存在する綿花栽培の問題の改善に導くことを目指しているシリーズです。

 

コットンという繊維は、綿花という花から採取されます。

厳密にいうと、綿花が花を咲かせ、その花が枯れた後に種子が露出し、その種子を守るために生えてくる繊維が「コットン」になります。

 

その過程において、虫害を防ぐための農薬や、綿花が枯れるのを促進する「枯葉剤」という薬剤を散布することが多かった。

花が枯れるのに数週間以上の時間がかかるから、それを促進させるために使う農薬が枯葉剤というもので、それは綿花栽培特有のものだったと記憶しています。

そして、その農薬散布が土壌にとってももちろんだし、綿花の栽培に関わる人の健康被害もすごく深刻だった。

コットン繊維を効率良く採取するために、必要な散布だと考えられてきたその農薬ですが、本当にそれは必要なことなのか。という考えからThe Inoue Brothersが取り組んでいるのが”ワイルド コットン”のシリーズ。

 

名前の通り、野生のコットン。

 

アマゾン川の付近にあり、もともとその地に自生していたピマコットンを「最も自然に近い状態で」生産し、それを使用したシリーズです。

 

これが出来上がるまでには、そういうブランドの考え方があるんですが、しかしながら着用者にも大きく恩恵のあるシリーズです。

 

 

 

 

 

 

The Inoue Brothers

Standard Pocket T-shirt

material _ Cotton 100%(WILD PIMA COTTON)

color _ Khaki

size _ S,M,L,XL

price _ ¥9,900-(included tax)

 

 

 

 

 

The Inoue Brothers

Standard Pocket T-shirt

material _ Cotton 100%(WILD PIMA COTTON)

color _ Black

size _ S,M,L,XL

price _ ¥9,900-(included tax)

 

スタンダードポケットTシャツという名前ですが、比較的見た目はスタンダードですが、その生地は全くスタンダードじゃないポケットTシャツです。

 

色はKhakiとBlackの2色での展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に均整のとれた編み目でとってもシルキーですね。

ワイルドコットンと言う、本来のピマ種のコットンの繊維の良さが最大に活かされていると思います。

 

 

 

 

 

このTシャツ、特筆項目はその素材だけではなく、編地も。

通常、世の中一般的にTシャツに使われる生地の中心は、「天竺編み」というものです。

でも、これは違うの。

 

 

 

 

 

「両面編み」。別の言い方をすると「スムース編み」とも言いますね。

天竺が表から見ると”縦方向”の生地の目が見え、裏から見ると”横方向”の生地の目が見える。

つまりは、表と裏で生地の見え方が違うんですよ。

それが「天竺編み」。

 

対してこれは、写真で伝わると良いなと思ってますが、表も裏もほとんど同じような見た目をしています。

それがその名の通り「両面編み」。

 

 

 

 

 

これがKhaki。

表も裏も編地の目が「縦方向」。

 

これにより、気持ち生地の厚みは増すのですが、圧倒的な恩恵があります。

それが、着用時の滑らかさ、そして伸びの良さと、戻りの良さ。

まるでゴム糸が入ってるんじゃないかと思ってしまうような伸縮力です。

これは驚き。

 

それでいて、この最初の生地のタッチがずっと続いてくれる。

Tシャツって一枚で着ることがほとんどでしょ。

中には、その下にタンクトップを着られる方もいるかもしれないけど、着る時期も時期だし、汗かくし、着たら洗うじゃないですか。

だから、洋服の中でも最も洗濯回数が多くなるもの。必然的に。

 

ということは、そこで繊維のポテンシャルってめちゃくちゃ試されるわけで、未洗いの状態のものはそれなりの見た目と生地感でも、洗う回数が増える度にその繊維のレベルって露わになってくるわけ。

今では、世の中にいろんなTシャツがあるし、どれもがいろんな工夫がされてるわけですが、このTシャツが本来の高品質種の綿花の特性をとても大切にして、綿繊維の良さを体感できることは歴然。

 

いろんなTシャツが世の中にあるけど、コットンのポケットTシャツで残念な思いをしたくないなら、これはとても良いと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

前後差のある着丈。

 

 

 

 

 

裏には補強のための一続きでの杉綾テープが備わります。

 

 

 

 

 

そして、胸ポッケの口にも同様に補強の杉綾テープ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Khakiも。

今まさに夏を感じてきていますからね。

ダレにくいし、この夏だけじゃなく、次の夏にも、その次の夏にも着てもらえると思います。

この柔らかさでそこまではThe Inoue Brotherのこのワイルドコットンシリーズしか出会えないと思う。

 

 

 

 

 

 

The Inoue Brothers

Pack Tank Top

material _ Cotton 100%(WILD PIMA COTTON)

color _ Nativo Heather,Grey Heather

size _ S,M,L,XL

price _ ¥9,900-(included tax)

 

こちらも。

これも昨年にもあったタンクトップですが、今年からパックになりました。

2枚セットですね。

カラーリングはいろいろあったんですが、当店では一番変わってるこのカラーリングの組み合わせだけの展開です。

 

また後日紹介しようと思ってるのですが、今日からThe Inoue Brothersのワイルドコットンシリーズと同時で、OLDE HOMESTEADERのTシャツとスリーブレス型のタンクトップを展開しています。

 

袖がないシリーズでいうと当店ではこの夏、The Inoue BrothersとOLDE HOMESTEADERの2択です。

どちらも超優秀なセレクション。

というか、OLDE HOMESTEADERについてはつくってもらいました。

それはまた後日紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

Nativo Heatherのカラー。

 

 

 

 

 

 

Grey Heatherのほう。

どちらも見事に汗が目立つカラーリングです。

しかしながら、漢の情熱から溢れ出る迸るような汗ほど美しいものはない。

どうせみんな汗かいてるんだから、臆せず汗をかきましょう。

 

 

 

 

 

クラシックなタンクトップ、いや”ランニング”というワードが似合うかもしれませんこれ。

あと、少しアームホールは広めの設定かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは天竺です。

だから、先程のTシャツと違い、表と裏の見え方が違います。

あと、こちらのほうが生地が薄いです。

それは形の性質上、インナーとして使う想定なのでそうなっています。

先程のTシャツはアウターTシャツとしての設定です。

 

 

 

 

あと、今年のは昨年と違って生地がバイアス使いされています。

これは通常だと洗っていくと斜行しちゃうから、それを防ぐためかな。

だから、この上にシャツを着て、フロントボタンを開けたときにはちょっと見え方が面白いかもしれませんね。

 

このタンクトップももちろん洗濯にも強い耐久性があるし、生地の風合いも新品からどんどん劣化していってしまうようなことはありません。

安心して使ってもらえると思う。

 

OLDE HOMESTEADERにつくってもらったやつも、このThe Inoue Brothersのタンクトップも夏場にシャツを着られる方にはとても快適に涼しく、心地よく使ってもらえると思います。

 

 

見てみてください。