先日よりお知らせをしている、CATHEDRALさんとの本企画。

 

ありがたいことに既にいくつかお問い合わせを頂いていたりするのですが、今日も少し紹介させてもらいますね。

 

これまでは着てる写真は掲載してこなかったんですが、実は先日発売したNEATとのTHE STANDARD DENIMの着用写真で着てるんですよ。

 

グレーのカットソーとジーパンっていうオーセンティックスタイルだけど、革新的なもの同士の組み合わせだから、そういうスタンダードとか、もう聞くことなくなったけど、ノームコアとかそういうジャンルの枠組みには収まらないと思う。

 

先のブログで、生地については少し紹介したのですが、裏のシルクについて補足的にお伝えすると、

 

絹紡糸の双糸ではあるのですが、編み上げる前に糸の段階で超高速でバーナーの上を通し、滑らかな絹紡糸に僅かながら存在する毛羽を焼き切って、更に上の肌当たりを体感してもらえるようにしていたり、その後に二段階の加工を施して、シルクということだけではなく、内側でより一層の高い景観をご覧頂けるようにしてる。

 

今日は、昨日にかけて問い合わせが多かったので、形についてお話しますね。

 

もともとCATHEDRALさんで展開がされていたものも、カットソーという本来であれば平面的な種類の洋服をかなり立体的につくっているものなんですよ。

 

具体的にいうと、肩周りですね。

 

その設計はすごく活かしたかった。

 

そのもともとのベースを踏襲しているのですが、CATHEDRALさんで展開をされていたものは当店に適している箇所と、少し提案したい寸法とは異なっている箇所とが存在したので、事細かくパターンをつくり変えました。

 

分かりやすく言ってしまうと、そのまま活かしたのが、肩の丸み・ネックの開き・袖の細さです。

 

反対に、大きな変更をしたのが、身幅。

 

身幅は非常に広かったんですが、それを細くしています。

 

しかしながら、肩の丸み(いせ込みという技術です)を活かしながら、身幅を変更し、それでいて細いアームを残すという作業は非常に難しくなりましたね。

 

洋服はパターンを一部分変えるだけでも、他の箇所に影響が出てしまうため難しく、特に今回は大規模な工事になっちゃいましたね。笑

 

しかしながら、着ると収まりが良く、特段変わった点は感じにくいのですが、(これ良い意味で。そこ狙ってるから。)平面的なカットソーではなく、すごく立体感がある仕上がりです。

 

充分に形だけでも皆様に手にしてもらえた時に納得頂けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

これ。

身長167cm、体重53kgでSサイズです。

 

アームは細いので少し袖に生地が溜まるんですが、悪い溜まり方はしないと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

横。

身幅のゆとりに対して、気持ちアームが細いのが分かってもらえるんじゃないかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

バック。

それなりの見た目です。

 

 

 

 

 

 

 

こう、腕を広げると、身幅に対して、よりアームの細さが見えると思います。

 

しかしながら、腕周りの寸法が細いと言ってもめちゃめちゃではなく、例えばインナー使いしたときに腕がもたつかないように考えているので、安心してください。

 

あとは、肩にいせ込み(丸みを出してるやつ)を入れてる証として、腕を上げると肩線の一番上の袖山の部分にポコッと生地の浮きがあると思います。

 

これが立ってるときの美しいショルダーラインにつながるわけ。

あからさまではないけど。

 

 

 

あと、サイズはS,M,Lの3サイズで展開するのですが、ご検討頂けている方は、下記のサイズ寸法を参考にしてください。

 

<Sサイズ>

肩幅:45.6cm

身幅:50.5cm

着丈:68.9cm

裾幅:53.5cm

袖丈:64cm

袖口幅:9.5cm

 

 

<Mサイズ>

肩幅:46.2cm

身幅:52cm

着丈:69.9cm

裾幅:55.5cm

袖丈:65cm

袖口幅:10cm

 

 

<Lサイズ>

肩幅:46.8cm

身幅:53.5cm

着丈:70.9cm

裾幅:57.5cm

袖丈:66cm

袖口幅:10.5cm

 

これを参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

時期的にも暖かくなってきたし、こういう格好も悪くないでしょう。

 

あと、重要なことなんですが、この着用写真は、「形」はこれですが、、、

 

 

 

 

 

 

 

表のコットンの色はこれになります。

紛らわしいですが、少しトーンが明るくなるかな。

クリーンなグレーって思ってください。

 

 

 

 

そして、プライスは¥19,000-(+tax)。

 

オーダー頂いた方には5月中旬頃くらいにお渡しするのを予定してます。

お時間を頂く点だけ、ご了承ください。

その分のハイクオリティをお約束します。

 

 

 

 

また、お知らせしていた通り、13日(土)よりまずは店頭のみでオーダーを承らせて頂きます。

 

翌日の14日(日)13時より、店頭だけではなく、当店のオンラインストア、並びにCATHEDRALさんのオンラインストアでも同時にオーダー受付をスタートします。

 

しかしながら、こう書いてるとかなり数量が多く感じますが、そんなことはないので、予定しているリミテッド数に達し次第、終了します。

 

 

 

また、13日(土)はCATHEDRALのOPUS JAPANの生産を行う関根さんが在店致します。

 

 

いつものことながら、コロナウイルスの感染対策はきちっとした上で店頭の営業を行います。

 

 

ご不便をおかけすることもありますが、みんなで気を付けていきましょう。

 

 

 

ご期待ください。